外国人投資家売越額 31年ぶりの高水準


東京証券取引所が発表した2018年の投資部門別株式売買動向では、外国人投資家は2年ぶりに日本株を売り越しました。売越額は5兆7,448億円と、7兆円を超えた1987年以来、31年ぶりの大きさです。


個人投資家は7年連続乗り越しで、売り越し額は3,695億円。2017年の5兆7,934億円から大幅に縮小しました。


これに対し、2018年の日銀による ETF (上場投資信託)の買入累計額は6兆円を突破。2017年度の5兆9,033億円を上回り、購入金額は過去最高となりました。外国人投資家・個人投資家の売りを日銀の ETF 買いが支えた形になっています。


 

出典:日本経済新聞


外国人投資家は、現物株の保有では3割程度ですが、売買代金では6割のシェアを占めています。さらに日々の値動きに大きな影響を持つ先物市場では、7~8割のシェアを占めています。2019年度も外国人投資家の売買動向によって株価の値動きが決まりそうです。



4/17前場 日経225先物8960円 揉み合い

昨日のNYダウは95.81ドル高の8125.43ドル、そしてCME日経225先物は8890円と堅調で、日経225先物も8920円で寄り付きました。

しかし積極的な商いはなく、その後は揉み合いが続きました。前場は商いなしでした。

最近は8750円-9000円のオプション権利行使価格が意識され、ボックス圏での動きとなっています。ただ、25日移動平均線が8500円近辺まで上昇してきて加熱感はなくなってきています。

決算期なのでなかなか動きづらいところですが、外国人投資家の2週連続買い越し個人投資家が5週ぶりに買い越しに転じるなど受給面では明るい材料が増えてきました。

中長期の見方は強気で見ていますので、短期トレードでも上にいった場合は素直についていくようにしています。

ただ今日は週末ですし、シティグループの決算が控えていますので積極的には手掛けづらいところです。基本は様子見にしたいと考えています。

※ランキングサイトに参加しています! よろしければ下の2つのアイコンを1日1回クリックお願い致します。m(_ _)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ 

無料ブログはココログ

免責事項

  • このブログは私個人の見解を書いたものであり、売買の注文を薦めるものではありません。内容に関しては十分に注意を払っておりますが、内容を保証するものではありません。本文・データ等内容すべてに関する正確性、安全性、信頼性などに直接または間接的に起因する損害や費用などについて、その程度を問わず一切責任を負わず、損害賠償にも応じません。 投資判断を行う際はくれぐれもご注意の上ご自身の責任によって行ってください。また、他社から提供されているコンテンツに関しては、それぞれの会社が作成したものであり、その内容の正確性・有用性等について一切責任を負いません。 無断転用・転載は、著作権法に基づき禁止されています。内容に関してご不明な点などございましたら、コメントやメールをいただけたらと思います。

twitter

  • yanta2011をフォローしましょう

リンク(投資)