« ロボアドバイザー | トップページ | 3月米雇用統計 »

景気動向指数とは

内閣府が発表した1月の景気動向指数(CI)の速報値は、景気の現状を示す一致指数が97.9と、前月から2.7ポイント低下。低下は3ヶ月連続となりました。


景気動向指数は、景気全体の動向を知るために、約30の景気指標を使って算出し、DIとCIの2種類があります。


(1)DI(ディフュージョン・インデックス)


景気の方向性を見る指数で、景気の現状や転換点(景気の山や谷)をとらえるものです。


(2)CI(コンポジット・インデックス)


景気変動の強弱やテンポ(量感)を把握するのに適しています。


DI・CIの代表的な指標は次のようになります。


先行指数・・・景気より先に動く指標


一致指数・・・景気と一致して動く指標


遅行指数・・・景気に遅れて動く指標




景気動向指数は一致指数のCIで判断されます。


景気動向指数の基調判断は以下のようになります。



出典:内閣府


今回の指数の基調判断は、③局面変化「下方への局面変化」となり、前月までの「足踏み」から引き下げられました。この表現は、消費税の影響がでた2014年11月以来となります。


「景気後退に入った」という声もでる中、2月の貿易統計(18日)や鉱工業生産指数(29日)が注目されます。



FXのファンダメンタルについての記事を書きましたので、参考にしていただけると幸いです。

FXのファンダメンタル分析とは|初心者が必ずチェックすべき6つの情報




« ロボアドバイザー | トップページ | 3月米雇用統計 »

無料ブログはココログ

免責事項

  • このブログは私個人の見解を書いたものであり、売買の注文を薦めるものではありません。内容に関しては十分に注意を払っておりますが、内容を保証するものではありません。本文・データ等内容すべてに関する正確性、安全性、信頼性などに直接または間接的に起因する損害や費用などについて、その程度を問わず一切責任を負わず、損害賠償にも応じません。 投資判断を行う際はくれぐれもご注意の上ご自身の責任によって行ってください。また、他社から提供されているコンテンツに関しては、それぞれの会社が作成したものであり、その内容の正確性・有用性等について一切責任を負いません。 無断転用・転載は、著作権法に基づき禁止されています。内容に関してご不明な点などございましたら、コメントやメールをいただけたらと思います。

twitter

  • yanta2011をフォローしましょう

リンク(投資)