« 景気動向指数とは | トップページ | 東証1部 上場区分の見直し »

3月米雇用統計

3月8日に発表された雇用統計は以下のようになりました。
  • 失業率は3.8%に低下
  • 非農業部門の雇用者数が2万人増と市場予想の18万人を大きく下回る
雇用統計は、世界の経済指標で最も注目されていて、外国為替市場や株式市場などは、雇用統計の発表で大きく動くことが多くなります。

「失業率」と「非農業部門」の2項目が特に注目されていて、FOMC(連邦公開市場委員会)の金融政策への決定にも大きな影響を与えます。

今回は、雇用者数の伸びが大きく予想を下回ったことで、米国経済の失速懸念が強まる恐れがあります。米国の拡大景気は今年7月で10年を超え最長を更新しますが、成長ペースは鈍化しています。

FRB(米連邦準備理事会)は、利上げを見送る方針ですが、この金融政策に対する根拠となるような今回の結果でした。

« 景気動向指数とは | トップページ | 東証1部 上場区分の見直し »

無料ブログはココログ

免責事項

  • このブログは私個人の見解を書いたものであり、売買の注文を薦めるものではありません。内容に関しては十分に注意を払っておりますが、内容を保証するものではありません。本文・データ等内容すべてに関する正確性、安全性、信頼性などに直接または間接的に起因する損害や費用などについて、その程度を問わず一切責任を負わず、損害賠償にも応じません。 投資判断を行う際はくれぐれもご注意の上ご自身の責任によって行ってください。また、他社から提供されているコンテンツに関しては、それぞれの会社が作成したものであり、その内容の正確性・有用性等について一切責任を負いません。 無断転用・転載は、著作権法に基づき禁止されています。内容に関してご不明な点などございましたら、コメントやメールをいただけたらと思います。

twitter

  • yanta2011をフォローしましょう

リンク(投資)