« 鞘 | トップページ | 日経平均1万円割れ »

IB証券

久しぶりの更新となります。ツイッターの方が書きやすいので最近はツイッターがメインとなってました。

来週からIB証券でOP取引ができるようになります。

昨年のOP売り禁止から1年。相場環境が落ち着けばまた100枚、200枚売れることができるのではないかと考えていましたが、最近は無理だと考えるようになりました。

リスク管理ができていないので売りの枚数制限をするしかないからです。

スプレッド取引においてはリスクが少ないので裸売りとは別にしてほしいのですが、そうもいかないようなので国内証券には見切りをつけてIB証券で取引することにしました。

1年間少ない売り枚数で様子見してきましたが、もう限界です。IB証券は売り枚数無制限なので魅力があります。

売りが無制限ということなのでまた取引手法を大きく変えようかと考えています。

最近は値動きがでてきましたし、売り枚数が制限されていたので基本的にはOP買いのガンマ勝負。ただ、ガンマだけでは利益が限られるのでデルタも傾けてデルタ・ガンマ両方で利益を目指していました。

ガンマロングはベガロングなので当然ボラティリティの上昇も見込んでいます。

動いた時に大きな利益を狙い、動かないときはなるべく損失を減らして逃げる。ある程度の値動きがあれば(日中100円程度)動けば利益になりますが、値幅50円やボラティリティ低下のときは損失となります。

IV上昇局面(値動きが大きい時)はこの戦略も使っていきますが、値動きのないときも多いので、買いと売りをほぼ同時に入れていくデルタ・ガンマニュートラル戦法も久しぶりにしていきます。

買いから仕掛けて売りのヘッジをすばやく入れていくので、ある程度の利益を確保するためには枚数が必要になります。売り・買いともに数百枚単位でのポジションとなります。数百枚単位といってもデルタ・ガンマともにヘッジしていくのでリスクはたいしたことありません。

これは売りの枚数など気にすることなかったディーラー時代にやっていたことで、個人投資家になってからはどうしても枚数に制限があったのでやりにくい手法でした。

まあ、いきなり数百枚単位でポジションを持つのは難しいので徐々に取引枚数を増やしていく予定です。

|

« 鞘 | トップページ | 日経平均1万円割れ »