« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

5/20(木)日経225先物9700円

今日は後場に10000円、そして夕場に9990円の安値をつけました。

ただボラティリティはそれほど上昇していないので、デルタはニュートラル、そしてガンマはややプラスにして取引終了。

1万円は簡単に割れないかと考え、デルタ・ガンマともに勝負に行きませんでした。

しかし、夕場引けた直後から大きく下落。

一旦反発するかと考え、CFD日経225先物を9898円で10枚(デルタ0.1)だけ打診買い。

しかし、その後9700円割れまで下落しました。

CFDの買いもわずかですし、デルタ・ガンマともにほぼニュートラルなのであまり損益は変わらないと思いますが、これだけの値動きの取引機会を逃しているのは痛いです。

CFDやFXも取引していますが、やはり勝負にいけるのはオプションなので、早く夕場の取引時間が伸びるのが待ち遠しいです。

23時半まで延長されると夕場の方が値動きがあるので、夕場がメインになるのではないかと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/17(月)後場 日経225先物10240円

後場、日経225先物は安値ブレイク。10150円まで下落した後はオプション権利行使価格10250円近辺まで戻りました。

最近はユーロが注目されているので、夕場もかなり動くようになり、毎日のようにトレードしています。

そして今はFX,CFDも取引しているので、夜23時頃まで取引していることも多くなりました。

オプションは今年後半か来年かイマイチよくわかりませんが、取引制度変更があるのでアット・ザ・マネーに近いところやファーアウトなど今まであまり取引していないところもトレードするようにしています。

取引時間延長や制度変更など取引ルールを頻繁に変えてくるのでうんざりしているのですが、しょうがありません。

出来高も順調に増えているので、いい加減ルールを変えるのはもういいと思いますが。

今後は手数料の変更(金額ベースから枚数ベース)なども仕掛けてくるかもしれないので、本当に大証は油断ができません。

株式のスウィングトレードやFX,CFDなど今のところうまくいっていますが、オプションみたいに安定的に稼ぐことができないのが難しいところです。

それでも今年中にはオプション以外の収益源を確保しておきたいと考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5/7(金) NYダウ大幅下落

今日は何故か4時ごろ目が覚めて携帯をみてみると、NYダウが900ポイント下落というメールが来ています。

訳がわからなくてパソコンをつけるとNYダウが10000ドルを割れたことがわかりました。

ポジティブガンマのポジションでは大きな利益がでる環境でしたが、ノーポジションでしたので見ているだけとなりました。

結局NYダウは347.80ドル安となりました。

とりあえず、今日は長期保有目的で買い増しを続けている日経225ETFを前場で買い付け。

オプションは来週からにします。

これだけ下落しても10時までの値幅は100円。昨日も70円と日中はほとんど動きません。

24時間取引になれば夜間がメインになるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NYダウ下落

欧州不安から海外市場での下落が止まりません。

NYダウ先物は10850ドル前後まで下落。

日経225先物も10580円前後と4月30日の夕場終値11095円に比べても500円前後の下落となっています。

75日移動平均線(10664円)がサポートラインになると考えていますが、今夜のNYダウの動向次第では下への展開も考えなければいけないかもしれません。

連休の前にはポジションを必ず解消するようにしているので、現在はノーポジションです。

昨日・今日とFXで新しい手法を試して見ましたが、うまくいきませんでした。

明日は大幅下落からのスタートの可能性もあり、また金曜は雇用統計を控えているので難しい相場展開となりそうです。

本格的なトレードは来週からになりそうです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »