« 4/23後場 日経225先物8830円 上昇 | トップページ | 東証 4月第3週投資部門別売買動向 訂正 »

東証 4月第3週投資部門別売買動向

本日、東証から4月第3週の投資部門別売買動向が発表されました。(売買代金ベース 3市場・1・2部等)

先週の日経225先物は高値9050円、安値8680円と狭いレンジでのもみ合いでした。

注目の外国人投資家は 20,143,259千円約200億円の買いこしとなりました。

これで4月に入ってからはずっと買い越しを継続し、4月は約2000億円の買い越しとなっています。

ただ、まだ米国などが決算期であり、大幅な買い越しとはなっていません。

前回の上昇相場が始まった2003年は概算で4月500億円、5月8000億円、そして6月は1兆円を超える大幅な買い越しとなっています。

ここから大幅な買い越しがくるのかどうか注目されます。

年金資金といわれる信託銀行は -44,003,692千円約440億円の売り越し。売り越し継続となりました。

後、個人が約100億円の買い越しで先週に引き続き買いを継続しているようです。

今週も揉み合いが続いています。

決算期ですから数字を見極めたいといったところでしょうが、外国人投資家が買い越してきている間は日経平均に対しては強気のスタンスで臨もうと考えています。

※ランキングサイトに参加しています! よろしければ下の2つのアイコンを1日1回クリックお願い致します。m(_ _)m

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225オプションへ 

|

« 4/23後場 日経225先物8830円 上昇 | トップページ | 東証 4月第3週投資部門別売買動向 訂正 »

「相場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91490/44764834

この記事へのトラックバック一覧です: 東証 4月第3週投資部門別売買動向:

« 4/23後場 日経225先物8830円 上昇 | トップページ | 東証 4月第3週投資部門別売買動向 訂正 »