« 4月結果 | トップページ | 自動売買システム »

相場心理学の本

本の紹介です。

相場を学ぶということは①予測の技術(ファンダメンタル・テクニカル分析など)②運用スキル(利食い・損切りなど)③心理学の3点があります。一般的には①>②>③と考えられていますが、私は③>②>①だと考えていて、特に③の重要性はとても高いと考えています。最近は日本でも相場心理学に関する本が増えてきています。上に挙げたリスクの心理学とゾーンはとてもいい本だと思います。そして、著者の他の本も読むようにしています。マーク・ダクラスの”The Disciplined Trader”も名著です。洋書もアマゾンで簡単に買えることができます。ただ、日本のアマゾンで洋書をみてもコメントがないことも多いので、できればアメリカのアマゾンで1度コメントを読んでみるといいと思います。日本で出版されている著者なら外れはあまりないと思いますが、タイトルだけで買うと失敗することがよくあります。洋書は結構高い(1万円ぐらいするのもあります)ので、慎重に選ぶ必要があると思います。

The Disiciplined Trader ←アマゾンでのコメント

« 4月結果 | トップページ | 自動売買システム »

投資本」カテゴリの記事

無料ブログはココログ

免責事項

  • このブログは私個人の見解を書いたものであり、売買の注文を薦めるものではありません。内容に関しては十分に注意を払っておりますが、内容を保証するものではありません。本文・データ等内容すべてに関する正確性、安全性、信頼性などに直接または間接的に起因する損害や費用などについて、その程度を問わず一切責任を負わず、損害賠償にも応じません。 投資判断を行う際はくれぐれもご注意の上ご自身の責任によって行ってください。また、他社から提供されているコンテンツに関しては、それぞれの会社が作成したものであり、その内容の正確性・有用性等について一切責任を負いません。 無断転用・転載は、著作権法に基づき禁止されています。内容に関してご不明な点などございましたら、コメントやメールをいただけたらと思います。

twitter

  • yanta2011をフォローしましょう

リンク(投資)