« 3/25(金) | トップページ | 恐怖心 »

ディーラーとは

3/26(土)
先週私の会社からまた1人のディーラーが去りました。月間1000万円稼いだこともある人だったんですけど、相場と波長があわなくなったんですかね。最近は相場の調子がいいのであまりやめる人はいなくなってたんですけど、2~3年前は人の入れ替わりが激しく、感覚的には2割ぐらいの人が残るといったところでしょうか。改めて考えると厳しい世界ですよね。

で、マーケットで成功するにはどうしたらいいのかというのを現時点での私の個人的考えを書きたいと思います。まず1番大事なのは絶対に経験です!。そしてそこから培った勘が2番目に大事です。私は相場の研究や理論が好きで、現在も金融工学や経済物理学などを勉強していますし、証券アナリストやテクニカルアナリストなど資格の勉強もしました。マーケット関係の本も100冊以上は読みました。特に数学が好きで、デリバティブディーラーをやってるんですけど、相場に勝つために理論はあまり役にたたないですね。実際に本に書かれているようなことはみんな知っているわけですから。逆に知識が増えると考えすぎて取引するのが怖くなってきます。役にたつところをいえば、リスク管理のところで、ポジションを組んだときデルタやベガなどのリスクパラメーターがどうなっているかをリアルタイムでみれるようにはプログラムを組んでいます。ただ私は理論を完全に否定しているわけではなく、実際に取引をして、学んだ手法が使えるかどうかを毎日検証することが大事だと考えています。どんな相場にも対応できる理論などないと思いますし、あっても絶対に公開することはないでしょう。そこで、経験と勘を身につけるにはどうすればいいかというと、単純ですが毎日マーケットに接し、取引を多くこなしていくしかないと考えます。マーケットは生き物ですから毎日接して微妙な変化を感覚でとらえる、それがうまく出来る人が優秀なディーラーなのではないでしょうか。だから最近では取引手法の本は読まなくなり、専らマーケット心理学の本を読むことが多くなりました。最終的には取引手法より、心理学が大事かなと。このブログでは日々の取引で感じたことやそのときの精神状態を克明に記録していきたいと考えています。

|

« 3/25(金) | トップページ | 恐怖心 »

「相場雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91490/3442528

この記事へのトラックバック一覧です: ディーラーとは:

« 3/25(金) | トップページ | 恐怖心 »