« オプション実践講座⑭ | トップページ | オプション実践講座⑯ »

オプション実践講座⑮

ショートストラングルにおける落とし穴とは・・・

それは売った瞬間にその利益を手にした気になってしまうことです。つまり、

712日に12045円で5枚売り、110Pを15円で15枚売った場合、8月のSQが12000円-11000円の範囲内で終わったら、45万円の利益になります。ですから、相場が変動し、今回でしたら、コールを買い戻してデルタヘッジしなければいけないとわかっていても、なんか利益を放棄するようで、なかなか損切りすることができなくなってしまうのです。では、結局このポジションをSQまで持ち越したら、損益はどうなるでしょうか。今回の8月のSQ値は12273.06円でした。

すると120Cは(12000-12273.06)×5+45(プレミアム)×5-1140300

    110Pは 15(プレミアム)×15225000

    合計すると -1140300+225000=-915300円となります。

満期まで持ち越すと大幅な損失となってしまいます。それではどのようにヘッジ(損切り)をしていけばよいのでしょうか。

« オプション実践講座⑭ | トップページ | オプション実践講座⑯ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91490/5450489

この記事へのトラックバック一覧です: オプション実践講座⑮:

« オプション実践講座⑭ | トップページ | オプション実践講座⑯ »