« 値幅と収益の関係 | トップページ | 証券アナリスト試験 »

先物実践講座①

相場への取り組み方には主に、アウトライト(片張り)とスプレッド(鞘取り)があります。

私は主にスプレッド取引をしています。さらに、先物・オプションの世界では大口投資家はスプレッド取引が多いので、主流はスプレッドだと考えています。ただ相場を張る上ではアウトライトの考え方も大事なので、まず最初に相場を張るために必要なファンダメンタル・テクニカル分析についてみていきます。なお、この実践講座は今までの基礎編と異なり、私の主観に基づいて書かれています。なので、これから書くことは今現在私が考えていることであり、個人的な見解であることに注意してください。くれぐれも投資は自己判断でお願いいたします。

« 値幅と収益の関係 | トップページ | 証券アナリスト試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91490/4842341

この記事へのトラックバック一覧です: 先物実践講座①:

« 値幅と収益の関係 | トップページ | 証券アナリスト試験 »