« マーケット心理学⑨ | トップページ | 証券アナリスト通信初級講座 »

オプション実践講座⑤

今回は”ブル・プット・スプレッド”とういう手法を見てみます。

「損益図」

”ブル・プット・スプレッド”とは、行使価格の高いプットを売り、低いプットを買うことにより作られます。ここでは今日の終値を用いていて、115P 85円で10枚売り、110P 15円で10枚買ったものです。満期における最大利益は 

(85-15)×10×1000=700,000円となり、最大損失は

権利行使価格の差 11000-11500=-500から

プレミアムの差 85-15=70

の両者を足し、それに枚数と乗数を掛けます。

つまり、{(11000-11500)+(85-15)}×10×1000=-4,300,000円となります。枚数が多いので、損失が大きいですが、損失限定になったことが分かると思います。単純な”プットの売り”に対してはアウトのプットを買って、損失限定にするのが一般的です。もちろん他の手法もありますので、これから順に説明していこうと思います。まず今回は”ブル・プット・スプレッド”を理解してください。

« マーケット心理学⑨ | トップページ | 証券アナリスト通信初級講座 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91490/4944979

この記事へのトラックバック一覧です: オプション実践講座⑤:

« マーケット心理学⑨ | トップページ | 証券アナリスト通信初級講座 »