« デリバティブセミナー開催 | トップページ | オプション実践講座⑨ »

オプション実践講座⑧

今回はベア・コール・スプレッドです

「ベア・コール・スプレッド損益図」

今回も7月12日の終値を用い、8月115Cを260円で10枚売り、同120Cを45円で10枚買っています。最大損益、最大損失はわかりますか?今回も考え方は同じです。

最大利益 プレミアムの差 260-45=215円

215×10(枚数)×1000(乗数)=2,150,000円

最大損失 権利行使価格の差 500円(12000-11500)

       プレミアムの差 215円なので

       (215-500)×10×1000=-2,850,000円となります。

以上で、”ブル・スプレッド” ”ベア・スプレッド”の説明を終わります。

この後、”ストラングル”や”ストラドル”、”カレンダースプレッド”などをみていきますが、なぜ、最初に、”ブル・スプレッド” ”ベア・スプレッド”を持ってきたかをご説明させていただきます。スプレッド取引は多々ありますが、私は一番有効なスプレッドは、”ブル・スプレッド” ”ベア・スプレッド”だと考えているからです。(もしくは同限月で、コール同士、プット同士のスプレッド)。一般的に”スプレッド”とは”デルタヘッジ”を意味します。でも、オプションのリスクパラメーターは”デルタ”だけでなく”ガンマ” ”セータ” ”ベガ”といった指標もありました。そして、”ストラングル”や”カレンダースプレッド”など他のスプレッドは”デルタ”はヘッジできても、他のリスクパラメーターはヘッジできないのです。少し難しい概念ですので、続きは次回にします。

« デリバティブセミナー開催 | トップページ | オプション実践講座⑨ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91490/5080155

この記事へのトラックバック一覧です: オプション実践講座⑧:

» デリバティブセミナー開催② [先物オプション奮闘日誌~実践編]
さっそくセミナーを申し込んでくれた方がいらっしゃったみたいで、大変うれしく思いま [続きを読む]

受信: 2005年7月21日 (木) 20時43分

« デリバティブセミナー開催 | トップページ | オプション実践講座⑨ »