« オプション初級講座① | トップページ | オプション初級講座③ »

オプション初級講座②

それでは、次にプットの損益図から見てみましょう。

「プット損益図」

上が”プットの買い”で、下が”プットの売り”です。考え方はコールと同じで、”プットの買い”は、現在11000円の日経平均が10000円まで下落するだろうという戦略で、プットの売りは10000円まではいかないだろうという戦略です。以上の4つの戦略がすぐに頭に浮かぶよう、何回もイメージトレーニングしてください。その場合、いくら以上になったら利益になるとか細かいことは気にせず、例えばコールを買っているときや、プットを売っているときは、日経平均が上昇すれば利益になる、コールを売っているときや、プットを買っているときは日経平均が下落すれば利益になる、というイメージをつけて欲しいのです。それでは次のトピックスにいきます

Ⅱオプションの買いについて

Ⅰでオプションの買いは、”コールの買い”と”プットの買い”の2種類があることがわかりました。で、”コールの買い”をする時、現在11000円の日経平均が12000円以上に上昇するという相場観を持っていて、なぜ先物ではなく、オプションを買うのでしょうか。相場観に自信があれば、オプションを買うなどという面倒くさいことをせずに、先物を買えばいいと思いませんか?実はオプションの買いには先物を売買するよりも次の2つの優位性があります。それは①リスク限定②小さな資金で大きな利益が期待できることです。

”オプションの買い”は「損失限定、利益無限大」です。Ⅰで見た”コールの買い”の損益図をもう一度みてみましょう。「コール買い損益図」プレミアム(オプション価格)50円で買っていたら、相場がどんなに下がってもプレミアム(50円)以上の損をすることはありません。そして②を考えると、12050円以上になれば、利益は無限大です。この2つは”オプションの買い”の大きな魅力に思えます。しかし、”オプションの買い”には大きな落とし穴があるのです。(続く)

« オプション初級講座① | トップページ | オプション初級講座③ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91490/4263930

この記事へのトラックバック一覧です: オプション初級講座②:

« オプション初級講座① | トップページ | オプション初級講座③ »